Ap. elizabethae この個体は雄?(2001/11/05撮影)

 

 写真撮影後にこの個体を1匹飼いしたら背ビレ前方の数条がグングン伸びてきました(下の2枚の写真)。結局、雄でした。昨夜(2001/11/15)、産卵経験のある雌と一緒にしたら、雌雄ともに相手が気に入ったようで身体をクネクネ、ググッ、ヒレをパァ!と広げたり、こっちだよと雌を誘ってみたりなどなどいろいろやってました。雌の準備ができていればすぐにも産卵しそうな雰囲気ですが、雌のお腹はまだ膨らんでいないからどうなるかなぁ。
 今になって写真をよく見ると伸び始めているのが判りますが、雌雄の判別に迷っているときはこの伸びで判断するのは難しい。雌であって欲しいという願いがあるので見逃すというか希望的観察をしてしまいます。(サエに詳しい方ならばこの写真ですぐに雄と判断するのでしょうが、私にはまだまだ・・・)
 この写真個体はサンジョワキン産F1です。(サンジョワキンってどの辺り???あとで調べま〜す)各ヒレに、特に尻ビレと尾ビレにオレンジ(〜レッド)がのってとても綺麗です。雄の体色はメタリックグリーンになるそうですがウチのはごく普通のメタリックブルーという感があります。ウチのボス雄の写真は
こちらです。(撮影技術に難があり背中のメタリックブルーが写ってません、ゴメン)ちなみに雌の各ヒレにも雄と同様に色が付きます。

 

こんなに立派な雄になりました(2001/11/21撮影)

 

 
 




 
 

 

 この写真は上の5枚の写真とは別の個体です。この個体も雌であって欲しいと願っていましたが、尻ビレに白い模様があることから雄の可能性が高いですね。
 特徴的なのは腹部に鬱血のようにも見える赤い部分があることです。それから背ビレ、尾ビレ、尻ビレに赤みが差しています。(たまたま今の時期だけこのような色合いをしているだけかもしれませんが)単独飼育したら艶やかな個体になりそうなのですが水槽に余裕がなくそれができません。非常に残念な思いをしています。
 

ADH = Aquarium Design Hanamura : hanamura@aquarium.design.co.jp